自分にピッタリのウェディングドレスの選び方

挙式当日にはぴったりなサイズにしておこう

せっかくの晴れ舞台であり、この日ばかりは花嫁が主人公になれる日です。自分にぴったりのウエディングドレスを選びたいものです。まず、ドレスを選ぶのは、結婚式や披露宴の直前ではありません。急な場合を除き大抵は、数か月前に試着して決めておくものです。その後、その他の結婚準備などで忙しいため体がスリムになってしまう場合があります。できることなら直前の打ち合わせの際にサイズの確認をしておくことがおすすめです。当日にサイズが合っていないと大変です。
また、基本的にウエディングドレスは白となります。気に入ったドレスがさらに素敵に見えるようにお肌の手入れもしっかりと行っておきましょう。貸衣装のスタッフに相談することで客観的に似合うものを選んでもらえます。

ドレスだけでなく小物なども含めてトータルで考える

ドレスを選ぶ際には、自分の希望するデザインをある程度決めておきましょう。挙式を行う季節にもよりますが、長袖なのか袖がないものなのかということや胸元の露出度がどのくらいのものにするのかなど大まかなイメージは持ってドレス選びに臨むことが大切です。ブランドのものにこだわることもありますが、そうでなくても素敵なものはたくさんあります。ベールもドレスにあったものを選ぶことが大切です。ベールの長さやベールのトップに着けるものも合わせてトータルでウエディングドレスとなります。忘れてはならないのは、アクセサリーです。これも、ドレスのデザインによって変わってきます。後は、予算も関係してきますのでそれらも含めて考えましょう。
流行に敏感な方であれば、ブライダルフェアに参加してみることで流行が把握できます。

ウェディングドレスを大阪で選んでみましょう。たくさんのブライダルサロンがあり、気に入ったドレスを必ず見つけられます。

© Copyright Wedding Dress Patterns. All Rights Reserved.